戦国武将



          1   蒲池一族 鶴氏の復活 
     少弐一族の興亡
     大友宗麟
     島津一族の野望 
     龍造寺隆信 
  6   日向伊東氏
   立花道雪と宗茂
     秋月氏の没落 






      1 蒲池一族と鶴氏の復活

蒲池氏は、鎌倉時代の筑後国三潴郡蒲池庄の地頭職であった嵯峨源氏の源久直にはじまる。六条天 皇と高倉天皇の頃の従五位源満末が仁安3年に、肥前国神崎庄惣司となり九州に下向した。 蒲池氏初代の久直は、満末の三代後の人物である。

嫡子のないまま蒲池武久が多々良浜の合戦で討ち死にし、一旦は家系が絶えてしまう。娘が 一人おり、その夫となり蒲池の家督を継いだのが、関東の下野宇都宮氏の一族で九州に西下していた 宇都宮貞泰のひ孫にあたる
宇都宮久憲だった。

蒲池嫡流は、龍造 寺隆信による蒲池鎮漣謀殺によって滅び、分流の蒲池氏は、関ケ原合戦で西軍に参加して没落するが、 江戸時代は筑前黒田藩に五百石で抱ええられ、郡奉行にもなっている。

龍造寺隆信の裏切りに会い、ただ一人生き残った蒲池鎮漣の娘
徳子は豊後で朽網鑑房の妻となり跡継ぎを辛うじて残した。鑑房と徳子の子の朽網宗寿は蒲池姓を名乗り、次男の鎮明に蒲池の家を興させている。鎮明は龍像寺の探索を逃れるために、その名を柳川城の別名「舞鶴城」から鶴氏を名乗って旧領地の奪還を目指した。
福岡・鶴氏の祖である。

蒲池の地名は、『倭名抄』の中で「下妻郡に鹿待郷あり、鹿待は加萬知(かまち)と訓み、或いは三潴郡の蒲池村なりと伝えり」と述べられているところで、現在の柳川地域である。




            
下蒲池系図

         嵯峨天皇(786-842)
             |
    鎌倉時代「前蒲池」(嵯峨源氏) 源久直(蒲池久直)
            |
    室町時代「後蒲池」(藤原氏北家宇都宮氏) 蒲池久憲
            |
    戦国時代「下蒲池」 
蒲池鑑盛  
            |
    安土桃山時代〜江戸時代  蒲池徳子〜鶴鎮明〜窪田鎮勝       





           
蒲池鑑盛 「下蒲池」

   @ 蒲池鎮久  長男 歴代柳川城主 
      
   A 蒲池鎮漣   二男
        蒲池徳子(徳姫) 
かまちのりこ 蒲池鎮漣の娘  
        蒲池鎮明(鶴鎮明)かまちしげあき (九州鶴氏の祖)
        鶴治平
        鶴久平

   B 蒲池統安   三男 
       蒲池統康 蒲池鑑盛の子
       塩塚鎮貞 蒲池統安の子

       応誉   蒲池統安の子 良清寺(浄土宗)の開祖 
       蒲池統鎮 応誉の子
             不明
       蒲池鎮之丞(蒲池鎮之) かまちしげのじょう 
            4代不明
       蒲池光久
       蒲池法子  かまちのりこ
 歌手 松田聖子




              蒲池久憲

久憲の父の宇都宮懐久は1359年の筑後川の戦い(大保原の戦い)で伯父の宇都宮貞邦と共に討ち死にしており、南朝の凋落後、久憲は所領のない九州に土着すべく、久留米近くの高良玉垂宮(高良大社)の社前で出会った、やはり父を1336年の多々良浜の戦いで失っていた南朝方の蒲池武久の娘と夫婦になり、1336年以来、約20年以上もの間、当主不在であり滅びかけていた渡辺党蒲池氏の名跡と遺領を継ぎ、蒲池久憲と名のる




              蒲池鑑盛

蒲池 鑑盛( あきもり)は、戦国時代の筑後国南部の大名。蒲池氏十六代目。
蒲池鑑久の子。「鑑」の字は、父同様に大友義鑑から賜ったもの。法名は宗雪。

それまでの蒲池城に代えて、柳川城を本格的に造作し、現在の柳川の観光名所でもある水郷の掘割を縦横に張り巡らせ、柳川城を「柳川三年肥後三月肥前筑前朝飯前」と戯れ歌にも歌われるほどの九州屈指の難攻不落の堅城にし、蒲池氏の本城とする。

鑑盛は、大内氏に代って中国地方を制圧し、九州への侵攻を開始した毛利元就と大友宗麟との間の門司城をめぐる戦い(門司城の戦い)や、また元就に加担して大友氏に反旗を翻した高橋鑑種の討伐戦などに出陣している。宗麟からの命を受けて数十隻の兵船で筑後川を渡り、龍造寺氏の村中城を包囲し攻略戦を行った。これらの合戦への参加により、大友宗麟からの感状を幾度も受けている。

1578年、北上する島津氏と大友氏との間の日向国の耳川の戦いには、大友軍の一翼として参加した。初老の身で病身だったが、開戦後は大友軍総崩れの状況下、直属の兵約1千を率いて島津氏の本営への突入を試みるなど奮戦したが大勢は揺るがず、統安と共に戦死した。その最期について『筑後国史』は「湊川の戦いにおける楠木正成の壮烈な最期にも比せられる」と記している。

菩提寺の崇久寺の霊碑には、「松梅院殿長國覚久居士神儀」と記されている。





         蒲池 鎮漣

蒲池 鎮漣(しげなみ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。
父は蒲池鑑盛、母は田尻親種の娘の乙鶴姫。民部大輔で筑後十五城の筆頭大名でもある。兄・鎮久とともに大友義鎮(宗麟)から偏諱を賜り、鎮漣と名乗った。表記は鎮竝(鎮並)。


鎮漣は義父の龍造寺隆信に幕下の礼をとり、その筑後国進攻に全面的に協力するが、やがて柳川の領有化を志向する隆信と対立するようになった。隆信は再度柳川侵攻を決定し、家臣の鍋島直茂や、隆信に与していた田尻鑑種などとともに鎮漣の
謀殺を画策する。柳川に使者を送り、龍造寺と蒲池の和解のしるしにと鎮漣を猿楽の宴席に誘った。

鎮漣の従兄弟で留守役をつとめた家老の大木統光が鎮漣の肥前行き中止を進言するが、鎮漣の決意を変えることはできなかった。筑後川を渡って肥前に入った鎮漣は佐賀城で隆信の嫡男・政家の歓待を受けるが、その翌日、与賀神社の近くで龍造寺の部隊に襲撃される。蒲池氏200の精兵は奮闘するも、多勢に無勢で鎮漣は自害、鎮久をはじめ鎮漣の郎党は全員討死した。

蒲池鎮漣一族への惨い仕打ちは、隆信に対する筑後の有力国人の反発、離反を招き、その後の龍造寺氏衰退の要因の一つとなった。なお、鎮漣の妻・玉鶴姫は父隆信が夫を殺害したことを知ると、実家の龍造寺家には戻らず、鎮漣の後を追うべく蒲池氏の支城のある塩塚で自害している。現在、「史跡・蒲池鎮漣夫人他百八人殉難之地」の石碑がある。





             蒲池徳子

蒲池 徳子(かまち のりこ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての女性。蒲池鎮漣の娘。徳姫。母は赤星統家の娘。
肥前国の龍造寺隆信により父の鎮漣が謀殺され、それに続く柳川の戦いでの柳川城の落城の時、乳母たちに守られ、からくも長崎の有馬晴信のもとに落ち延びた。その後豊後国に移り、大友氏家臣の朽網鑑房の妻となり、宗壽をもうけた。その孫になる「蒲池鎮明」が柳川に戻りお家再興を目指した。

現在、柳川市西蒲池にある崇久寺には、「見性院心空妙安大姉蒲池徳女」と刻まれた自然石の徳子の碑がある。





            鶴 鎮明      

本名の蒲池 鎮明(かまち しげあき)は、戦国時代の人物。朽網宗壽の子。

祖母の蒲池徳子の生家の蒲池氏の名跡を継いだ父の跡を継ぎ、蒲池鎮明と名乗るが、筑後国では依然として龍造寺氏による蒲池氏一族に対する探索が続けられていたため、柳川城の別名の
舞鶴城にちなんで鶴鎮明と名乗る。

鎮明の6代後が、徳川幕府最後の西国郡代となった旗本の窪田鎮勝(蒲池鎮克)である。 鶴治平(つる はるひら)は帰農し、筑後国上妻郡富重村の豪農の庄屋となり、その子の鶴久平(つる ひさひら)の代に藩主から郷士としての鶴氏を起こすようにいわれ武士に戻った。



             蒲池鎮之丞

蒲池 鎮之丞(かまち しげのじょう、生没年不詳)は、幕末の柳河藩士。

藩祖立花宗茂の正室ァ千代の菩提寺の良清寺を預かった柳川藩の蒲池家は、立花氏の家老格の処遇を受けていた。柳川城主の蒲池鑑盛の孫で柳川の良清寺を創建した円蓮社応誉上人雲冏和尚の子孫。蒲池鎮漣の娘蒲池徳子の叔父の蒲池統安の子で塩塚城主だった蒲池鎮貞の塩塚の分家を継ぐ。

蒲池徳子の子孫で江戸時代末期に西国郡代となった旗本の窪田鎮勝(蒲池鎮克)が、柳川郊外の蒲池村にある先祖の蒲池氏の菩提寺である崇久寺を参った時、何度か面談している。

松田聖子(本名・蒲池法子)の直接の先祖で高祖父にあたる。





          蒲池法子 松田聖子

3月10日福岡県久留米市荒木町に、同県柳川市出身で国家公務員(厚生省事務官)の父親と、同県八女市の庄屋出身の母親の長女として、母親の姉が院長夫人だった高良台病院で生まれる。

出生名、蒲池法子(かまちのりこ)。生家は柳川城の城主だった蒲池氏第16代目蒲池鑑盛(蒲池宗雪)の三男の蒲池統安の子孫であり、江戸時代は柳川藩家老格だった旧家。家紋は蒲池久憲以来の「左三巴」。松田聖子の実家は、蒲池鑑盛の三男の蒲池統安の次男である応誉の子孫が住職を勤めた柳川藩祖立花宗茂の正室ァ千代の菩提寺である柳川の良清寺の蒲池家であり、同寺を預かった蒲池家は藩主立花氏の家老格の武家として重んじられた。

幕末の蒲池鎮之は松田聖子の高祖父であり、現在も子孫が良清寺の住職を勤める。
8歳年上の兄がおり、かつてラリードライバーとして有名であった。


 「かまちのりこ」と命名した親も立派。




               崇久寺

崇久寺(そうきゅうじ)とは、福岡県柳川市東蒲池にある臨済宗妙心寺派の寺院。本尊は十一面観音。

寺伝によると、円爾の弟子の南山士雲が鎌倉時代末期に開いたと伝えられ、後に後醍醐天皇の勅願寺となる。南北朝の争乱による度重なる兵火により幾度となく火災に見舞われたが、足利尊氏や10代当主蒲池久憲が再建する。文亀年間には14代当主蒲池治久により修改築され、以降蒲池氏累代の菩提寺となる。

元は四町もの広大な境内に塔頭八箇寺の寺で、当初は長福寺という名称だったが、享禄年間に治久を埋葬した際、治久の法号に因んで宗久寺となり、さらに崇久寺と改められる。蒲池氏全盛期には、蒲池氏の家臣たちの墓碑が3千基並んでいたともいわれる。17代当主蒲池鎮漣が肥前で龍造寺隆信により謀殺され、柳川の鎮漣の一族が滅んだ時、龍造寺氏が襲撃し、隆信の命令で、仏像は破壊されたり川に廃棄され、文書類はことごとく焼却され、寺は徹底的に破壊された。ごく一部のものだけが奇跡的にも破壊を免れ、貴重な文化財として現在まで伝えられている。


柳河藩の分限帳「延宝九酉年知行取無足扶持方共」(1681年)の『寺社領並諸合力米』に「高6石 蒲池 崇久寺」とあり、藩内寺社としては第22位の位置づけである。

幕末に蒲池鎮漣の娘の徳子の子孫である2千石の旗本だった
窪田鎮勝(蒲池鎮克)が、徳川幕府最後の西国郡代となって日田に赴任してきた時、崇久寺に詣でており、徳子の叔父の蒲池統安の子孫で柳川藩家老格だった蒲池鎮之と面談したという記録がある。

境内には蒲池鑑盛や蒲池徳子など蒲池氏一族の墓碑がある。









      
       2 少弐一族の興亡


少弐氏は藤原姓を称し、北九州の中世史に大きな足跡を刻んだ武家である。その出自に関しては諸説があるが、はじめ武藤を称していたことは共通している。「武藤氏系図」によれば、藤原道長の後裔で代々武蔵国に知行を持ち、「武蔵の藤原」を略して武藤氏を称したという。

武藤資頼は平知盛に仕えた平家の武将であったが、一ノ谷の戦いの時に源氏方に投降し、その後、許されて源頼朝の家人となる。平家滅亡後、大宰少弐に任じられ、平家方であった九州の武家に対する鎌倉方の抑えとして、鎮西奉行をはじめ、北九州諸国の守護となる。この頼朝による抜擢が、その後の少弐氏の興隆のきっかけである。

資頼の子少弐資能の代より、少弐を姓として定常的に用いるようになる。鎌倉時代の文永11年(1274年)、弘安4年(1281年)に元寇が起こり、資能は大宰府の責任者として子の少弐経資や少弐景資らとともに日本軍の先頭に立ち、元の大軍と戦うこととなる。弘安の役の際には経資の子の少弐資時が壱岐で戦死、資能自身も戦闘の際に蒙った傷で死去するなど、一族として大きな犠牲を払うこととなった。こうした功もあり、戦後には筑前・豊前・肥前・壱岐・対馬など北部九州における最大の守護大名にまで成長して、少弐氏の最盛期を築き上げた。

資元の子で第17代当主を継いだ少弐冬尚は少弐氏を再興したが、龍造寺氏の謀反に対しては、家臣の馬場頼周に龍造寺氏討伐を委ね実権をなくしていく。家兼の後を継いだ龍造寺隆信もまた謀反の立場を鮮明にして、冬尚は永禄2年(1559年)、勢福寺城を隆信に攻められて自害を余儀なくされた。これにより、鎌倉時代から続く名族・少弐氏は完全に滅亡したのである。

2011年(平成23年)に元寇で戦死した少弐資時を祭神とする長崎県壱岐市の壱岐神社において、少弐家の子孫が多数参列して祭祀が執り行われた。





              武藤資頼

武藤 資頼(むとう すけより、永暦元年(1160年) - (1228年))は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。出自は不詳。

藤原秀郷の流れを汲む武藤頼平の猶子となり武藤氏の名跡を継ぐ。初め平知盛の部将であったが、一ノ谷の戦いのおり知人の梶原景時を頼って投降し、三浦義澄に預けられ、後に赦されて源頼朝の家人となる。頼朝の嫡男頼家の元服の式典において有職故実の指導をし、ついで奥州合戦に出陣し功を立て、出羽国大泉庄の地頭に任ぜられる。在任期間中、修験道の本拠・羽黒山領を侵し、羽黒山衆徒と抗争する。
建久年間、九州に派遣されて大宰府の少弐職に任ぜられ、義父頼平の甥に当たる大友能直と共に鎮西奉行に就任。さらに、肥前、筑前、豊前、壱岐、対馬の守護となった。


一介の御家人の身分でありながら、本来公家の官職である大宰少弐に任ぜられたのは資頼が初めてであった。大宰少弐職は資頼の子の資能に継承され、以降世襲となる。資能は少弐を称し、その子孫は北九州の名族の少弐氏として発展した。








              少弐資能

少弐資能(しょうに すけよし)(1198年) - (1281年)は鎌倉幕府の有力御家人。武藤資頼の子。武藤 資能とも。子に少弐経資、少弐景資がいる。

当時武藤氏は大宰府の責任者として大宰少弐の地位にあったため、資能の代から少弐姓を名乗るようになったという。資能は北九州に大きな勢力を持ち、幕府の鎮西奉行として、文永5年(1268年)、蒙古の使者の対応にも当たっている。

文永の役直前に出家して覚恵と号し家督を長男の経資に譲ったが、老齢の身でありながら自身も対元の総司令官として参戦し、元軍の侵攻を阻止し撃退することに成功する。弘安の役にも老齢の身を押して出陣した。壱岐島の戦いでは元軍を相手に奮戦し、壱岐島から元軍を駆逐した。
 しかし、この時の負傷がもとでまもなく死去したという。享年84。











         3 大友宗麟





         4 島津一族の野望




         5 龍造寺隆信







             6 日向伊東氏









             7 立花道雪と宗茂








             8 秋月氏の没落