立花 宗茂(たちばな むねしげ

 安土桃山時代から江戸時代初期の武将である。大友氏の一族である吉弘氏の出身で筑後柳河藩の初代藩主となった。関ヶ原の戦いで改易後、大名として復帰した武将は多くいるが、旧領に復帰した武将は立花宗茂ただ一人である。

永禄10年(1567年)11月18日、大友氏の重臣・吉弘鎮理(のちの高橋紹運)の長男として生まれ幼名は千熊丸である。この年には高橋鑑種が討伐され、吉弘鑑理の子である父の鎮理が高橋の名跡を継ぐことになった。紹運の嫡男であり、高橋氏の跡取り(次期当主)として育てられる。

しかし、天正9年(1581年)男児の無かった大友氏の家臣・戸次鑑連(立花道雪)は、立花家の跡継ぎとして紹運の子の高橋統虎(千熊丸)を養嗣子として迎えた。宗茂は実質的に立花家の家督を継いでいた道雪の娘・ァ千代と結婚して娘婿となり、名も戸次統虎と改め、ァ千代に代わって道雪から家督を譲られたが、ァ千代とは険悪な仲だった上に子に恵まれず、道雪の死後程なくして二人は別居したという。宗茂の子がなく立花家は弟の直次が家督を相続した。
 その子孫に元総理
麻生太郎がいる。
      

天正9年(1581年)7月27日、養父・立花道雪と実父・高橋紹運とともに出陣し、秋月氏との嘉麻・穂波の戦い(石坂の戦い)で初陣を飾る。八木山の石坂の地で紹運は敵軍正面に弓・鉄砲・長槍隊を三段に布陣し、道雪の伏兵が側面より奇襲する戦法を採った。 この合戦で宗茂は50人を率いて敵軍の側面を襲撃、騎射で秋月方の勇将・堀江備前の左腕に鏑矢を命中させた。左腕の自由を奪われた堀江は大長刀を捨てて宗茂に組みかかって来たが、相撲得意の宗茂は彼を圧倒し、家臣の萩尾治種(萩尾大学)が堀江を討ち取って手柄を立てた。


また秀吉の九州制覇で活躍し、西部戦線の先鋒として4月初から肥後国の竹迫城、宇土城などを攻め落とした。更に南下して島津忠辰の出水城を攻め落として川内に島津忠長を撃退し、秀吉に代わって伊集院氏、祁答院氏、入来院氏から人質をとり、大口城に新納忠元を包囲した。 戦後、秀吉はその功を認めて筑後柳川13万2000石を与え、大友氏から独立した直臣大名に取り立てた。

この時秀吉は立花宗茂を「その忠義も武勇も九州随一である」
(原文:その忠義、鎮西一。その剛勇、また鎮西一)」 
「九州の逸物」と高く評価した。

関ヶ原の戦いでは、その直前に徳川家康から法外な恩賞を約束に東軍に付くように誘われたが、宗茂は「秀吉公の恩義を忘れて東軍側に付くのなら、命を絶った方が良い」と言い拒絶した。家中でも重臣・薦野増時(立花賢賀)は西軍に勝ち目なしと東軍への味方を進言したが、「勝敗に拘らず」と増時を留守に残し西軍に参加し
た。

西軍は敗れ、宗茂も開城後は改易されて浪人となる。その器量を惜しんで加藤清正や前田利長から家臣となるように誘われるが、宗茂はこれを謝絶した。そこで清正は家臣にすることを諦め、食客として遇したという。その後、清正の元を離れ、由布惟信、十時連貞ら付き従う家臣を引き連れ浪人の身で京都に上る。

慶長8年(1603年)江戸に下った宗茂は本多忠勝の世話で、由布惟信、十時連貞など従者らとともに高田の宝祥寺を宿舎として蟄居生活を送り始め、忠勝の推挙で江戸城に召し出される。宗茂の実力をよく知っていた徳川家康から幕府の御書院番頭(将軍の親衛隊長)として5,000石を給されることになり、まもなく嫡男・徳川秀忠の御伽衆に列せられて陸奥棚倉に1万石を与えられて大名として復帰した。最終的に3万5,000石の領地高となり、この頃から宗茂と名乗っている。

豊臣秀吉には、「東に本多忠勝という天下無双の大将がいる。西には立花宗茂という天下無双の大将がいる」と言わしめた。


大坂の陣の時大御所家康は、宗茂が豊臣方に与するのを恐れて、その説得に懸命に当たったという。