萩尾系図


岩屋城戦没者名簿には「萩尾大学」「萩尾麟可」の二名の名前が記されているが、我が家に伝わる萩尾家系図では同一人物となっている。萩尾大学が筑前町に赴任する時と思われるが、長子の繁種に家督を譲っている。その後は「萩尾麟可」と称した。長男繁種、二男繁続は、決戦前に岩屋城から萩尾(はぎのお)に帰している。大学は子供達に武士を捨て萩尾で農業に勤しむ事を遺言としている。高橋紹運も実子{宗茂)の無事を祈っての捨て駒を決意したものであり、大学にも勧めたのかもしれない。系図には、長男繁種の事を「二代目萩尾大学」と記されている。


   長男 繁種  篠栗町萩尾で家督を継ぐ。
 
   二男 繁続  宗像郡赤間に移住し、商業を営む。商号「鎌屋」
          幼名「掃部」その子孫は赤間の出光家の養子となり
          「出光氏文」 の中に萩尾系図が存在している。

   三男 保親  立花宗茂の柳川藩に仕え、立花大学と称したとあるが、

三男保親について調査を進めると、柳川市立花宗茂の古文書館に保親の記録がなく、柳川市にも萩尾姓がない。また立花大学とは宗茂の縁故関係の士族であり、萩尾大学とは関係がないとの古文書館からの返事であった。
 久留米の南「広川町」に萩尾姓が多くあり、法要名簿にも多数の参加が認められるので調べていくとあった。


         「 萩尾家譜の碑 」 (長延区

      


            「 碑表 」  萩尾家譜

      


長子の繁種は、篠栗町萩尾にて家督を継いだ。
二男の繁続は、宗像郡赤間にて商業を営む。子孫が出光家に養子となって、出光家の「出光氏文」にも萩尾系図が伝わっている。 萩尾系図の三人兄弟の内この二人は間違いない。






したがって、長延村に住み着いたのは三男「保親」と考えられる。筑紫広門が久留米上妻の領主となった時、父祖の勲功として庄屋職を拝命し、八百石を賜ったと記載されている。筑紫広門は高橋紹運と長く戦った相手だが、妻同士が姉妹でもあり、相互に親類も多く、最後に和睦し共に島津軍と戦って功績をあげ秀吉に認められた武将である。

この「父祖」とは、岩屋城戦死の「萩尾大學」=「萩尾入道麟可」であることは間違いない。長延区では保親が、その始祖となり四百年もの間継承して来たと記されている。広川町での始祖
「麟元」は、父大学の「麟」の字を受け継いでいる。右近助とも書かれており、萩尾系図「保親」の幼名「松次郎」と異なる。家祖に「萩尾基昌」とも記されており大学との繋がりは認められない。まだ研究の余地は残っている。

しかし歴代萩尾大学の長子の継続されている「繁」がないこと。萩尾、赤間が行って来た萩尾大学の法要にも参加がなく、交流がないことを考えると大学の末孫とは思えない。

    
           
「江戸末期の萩尾 」

天保十三年(1842)萩尾村に住む萩尾大学の末孫
「萩尾藤右衛門繁明」
宗像郡赤間で商業を営む「鎌屋勝三郎」氏を訪問した。萩尾繁明は、萩尾大学の八代目に当たる。鎌屋萩尾勝三郎は、麟可の二男「繁続」の子孫である。

萩尾繁明は勝三郎に祖先の事歴を尋ねると、勝三郎保吉は一冊の書類を提示した。二男繁続の系図と思われる。繁明は勝三郎が正統な子孫であることを確認した。

繁明は、勝三郎とその長子「市右衛門保運」と三人で萩尾村に来ている。 そして三人で大宰府四王寺山にある萩尾麟可の墓に参り、
「木原三平」氏に対して掃除料金六百孔を贈っている。

この記事は、別史料から追加記載されており、当時の状況を伝えている。
明治まで後26年、とても興味深い内容の記事である。


      




    出光氏文「寄贈の品々、繁栄の跡」 (16)系図2巻

        出光不動産  出光良治氏より引用
      http://plaza.rakuten.co.jp/tutagatake/  

我が家(醤油屋蛭子⇒履物店⇒不動産屋)には、家の系図『出光系図』と、九代目の運平直良の父・出光卯惣太(萩尾鎌屋から養子)の『萩尾系図』がある。
ーーーー途中省略ーーーーーーー
萩尾系図を簡単に本家のみ記す。
一代目 萩尾掃部
二代目 萩尾市衛門
三代目 萩尾利右衛門
四代目 萩尾平四郎(妻は伊豆氏)
五代目 萩尾甚三郎(妻は博多の徳永氏)
六代目 萩尾弥右衛門(妻は光岡村某)
七代目 萩尾弥右衛門
 (寛政10年、25歳にて卒す。本家相続するも子なし。故に蛭子屋に養子に行った兄・卯惣太の子・勝三郎保吉が鎌屋の養子となり八代目相続す。)
八代目 萩尾勝三郎   長子「市右衛門保運」

以上が、弘化五年の『萩尾系図』の赤間にきたところからの要略。


萩尾は、糟屋郡篠栗の萩尾(はぎのう)出身。  赤間の祖・萩尾掃部の兄・伊藤刑部太夫祐繁は。また、別な兄・萩尾松次郎保親は、立花家に仕う、「今柳川に萩尾某と云う人あり、寛永元年より立花家に仕う也」(萩尾系図)。

もうひとりの兄は
萩尾大学繁種と云い、子孫今に萩尾村にて相続す(萩尾系図)。 赤間の祖・萩尾掃部については、「太守光之公、御鷹狩の時、御前において、手鼓を拍しければ、御意に叶い、御褒美として、畑三畝余り、たまわりける」(萩尾系図)という。赤間法然寺過去帳に隣與院法譽三徳居士とある。


 

           
「明治時代の萩尾大学法要」

 明治時代までは篠栗町萩尾にて、萩尾大学の子孫達によって250回300回法要が行われていた。この時代には、先祖捜し、先祖法要、系図作成が全国的に流行したようである。

          300回法要 明治31年



      

      






 

   「高橋紹運公四百年祭」 昭和六十年四月二十八日

ずらりと並ぶ萩尾勢






平成十一年の「萩尾家大集合」の名簿に「木原重雄」氏の名前がある。
天保十三年(1842)萩尾繁明に大学の墓守を依頼された木原三平氏の末孫であったなら、何んと義理堅いことであろうか。明治の法要にも木原源作氏の名前がある。

ぜひ一度会って確かめてみたいものである。
住所は、太宰府市観世音寺とだけ記されている。