「立花宗茂と大学」

 ある時高橋紹運は家中の重罪を犯した者を、家臣の萩尾大学に命じて討たせた。
大学はその者と町で出会った際に、すれ違い様に後ろから声をかけ相手が振り向いたところを一太刀で切り捨てた。このことを家中では、「後ろから切るのはたやすい」などと批判したが、宗茂は「突然行き会った
のであれば、その場で討ち取ってこそ手柄だ。仕損じたらどうする」と大学をかばった。しかし、家中の批判的な目は無くならなかった。

宗茂の初陣「石坂の戦い」では、襲い来る秋月軍の中で堀江備前という中将格の武将が宗茂に向かって来て組み合いになった。散々もつれたあげく宗茂が取り押さえると「大学〜助太刀せよ!」と萩尾を呼んだ。大学は咄嗟に群がる秋月軍の中をすり抜け、宗茂を助け堀江の首を挙げた。

それからは家中たちの大学を見る目は、大きく変わった。紹運勢にとっては、大学は外様的な存在であったことが分かる。従って「客侍」と記されていたのだろう。



            
            
    「          
 「紹運と大学」  

福岡県粕屋郡篠栗町の山間部萩尾村で隠れる様に静かに暮らす大学一家であったが、何せ時は戦国時代である。 大学の剣の腕前を知っていた高橋紹運は、南に隣接する強敵「秋月氏」に対抗するため、大学を筑前町東小田村に配し、騎馬戦と剣の指南役として招いている。

大学は家督を長子「繁種」に譲り、筑前町に赴任している。萩尾家系図には「客侍」と記されている。 紹運の従来の臣下ではない。

宗茂は大学の功績を常に褒めている。藩の重罪人を討つ様に紹運に命じられていた大学は、その者と不意に出会って通り過ぎ様切り捨てている。  宗茂は大学を呼び、「大学、どの様にして討ち取ったのが俺に聞かせろ」と命じている。

一方紹運は、大学の功績を褒めることはなかったと言われている。
「大学なら、当然の事」と素気無かったようだ。

だが、岩屋城では紹運に従属し、共に戦死している。言葉には表さずとも、武士としての魂は繋がっていたのだろう。長子「宗茂」のため命を捨てる紹運は、大学にも長子「繁種」、二男「繁続」二人を萩尾村に帰すことを認めている。

 

  
           
            「 立花道雪と大学 」
 
 兄祐繁との
相続争いから一族郎党を連れて福岡県篠栗町の山中を開墾し、隠れるように住んでいたとされる萩尾大学だったが、高橋招運の配下として南側の強敵秋月氏、筑紫氏との境目である筑前町東小田村に常駐している。

立花道雪は大友宗麟の忠臣で、旧姓は戸次(へつぎ、べっき)であり、現在でも大分市の南に「上戸次、中戸次、下戸次」の広大な土地名として残っている。その南に隣接して「萩尾」の地名も残っている。

  立花道雪は、戸次鑑 (べつき、あきつら)
  萩尾大学は、伊東繁
 (いとう、しげつら)であり、

大分での地名が隣接して残っていることと、「連」を一字を同じくしていることから、大学一族はは道雪の家臣であった可能性が強い。

          
           

           「北原鎮久と大学 」


 北原鎮久は高橋家の重臣である。高橋家の当主である高橋鑑種が大友家に謀反を起こして敗れた為、豊前国・小倉に移される。そこで北原は、豊後国の大友宗麟に名門・高橋家の再興を嘆願する。宗麟は重臣達と協議して吉弘鑑理の次男・吉弘弥七郎鎮理を鑑種の養子とし、高橋家を継承させる。鎮理は高橋家の通字「種」を付けて「高橋鎮種」を名乗り、後入道して「紹運」を号する。高橋紹運誕生の立役者である。

ところが大友家が、伊東氏と組んで島津氏と戦った「耳川の戦い」で敗れる。この合戦で筑前国の情勢は一変し立花城以外はすべて敵になってしまう。紹運は反乱分子の鎮圧に乗り出し戦いに四方に奔走する様になるのだが、鎮久は当主にすえた紹運が馬鹿正直に大友家に尽くす様をみて、紹運に不信をおぼえ始める。


この頃鎮久は秋月備えの為築かれた龍ヶ城を任されていたが、近頃鎮久が紹運に不信を抱き独立を臨んでいると言う事を伝え聞いた筑前国の大名・秋月種実は、北原に使いを出して高橋紹運裏切りの約束を取り付けた。

しかしこの密謀が洩れ、伊東源右衛門の知るところとなった。元々源右衛門は北原鎮久の嫡男・進士兵衛から引き立てられ、鎮久父子に深い恩をもつ者であったが、事が事である為、思案にふけった。しかし、覚悟を決め直ちに登城して、紹運に事の子細を隠さず打ち明けた。紹運は大いに驚いたが、先日の鎮久の言動からうすうす察していた為、早々に鎮久を誅するため勇士として武名の高い萩尾大学と内山田下野の両名を呼んで策を授け討手とした。


そして十月一日なにくわぬ顔で岩屋城に登城した。紹運は鎮久と対面して、
「当城に何用があってまいったのか。」 と問うと、鎮久は 「領地の検分のため参上しました。明朝また参上します。」 と言って、しばらくして退城した。

翌十月二日の早朝、鎮久が岩屋城に登城して来ると、待ち構えていた
萩尾大学と内山田下野の両名が飛び出して、 「なんじ鎮久は大胆にも謀叛を企て、主君の廃立を図った不届きな奴、上意により誅伐を加える。覚悟・・・」
と叫ぶや彼の面を斬りつけた。不意をつかれた鎮久は、なんとか飛びのきしのいだが、萩尾大学が鎮久の持っていた槍を奪い、その槍の一突きで絶命する。

 鎮久の面を斬った刀は「鎮久斬」と称され、内山田下野の子孫に伝承された。




 

          筑紫広門と大学の謎

筑紫広門と萩尾大学は、長年に渡って戦い続けて来た間柄である。しかし豊臣秀吉の天下統一の戦いに際して、筑紫広門は島津側につくか、秀吉側につくか迷った。秀吉の家臣になるには、長年の宿敵である高橋紹運との和睦が必要であった。

実は紹運と広門の妻は姉妹である。広門自身も秀吉側と考えていた様だが、紹運の次男「直次」を一度は捕虜として捕らえていることもあり、容易に話は進めなかった。
それを察した老臣と娘は宝満城に構える紹運を尋ね、直次との婚姻を直訴して和睦を願った。聞き入れられなければ二人して自害するという。

驚いた紹運は家臣達を集めて話あった。双方にも親類関係の者もいて、反対派と真っ二つに意見は分かれた。結果的に婚姻が成され、共に秀吉側として島津軍と戦い、広門は功績をあげ久留米一帯を領地として秀吉に認められた。その領地内に大学の三男「保親」を篠栗萩尾から招き、庄屋に任命している。その理由として「父の功績により」と伝承されている。しかし大学は常に最前線で戦っており、広門とは宿敵であり大学の功績とは考えにくい。疑問が残る。


   立花直次 wiki

高橋紹運の次男で、初めは高橋姓を名乗った。筑後柳河藩主立花宗茂の実弟。直次の9世孫に一宮藩最後の藩主加納久宜(三池藩主立花種周 の孫)がおり、その末娘・夏子は、麻生グループ創業者の炭鉱王麻生太吉の息子である麻生太郎(先代)の妻であった。二人の間の長男太賀吉と、和子(吉田茂の三女)の間に生まれた息子が麻生太郎(内閣総理大臣(第92代)、自由民主党総裁(第23代))である。


ウィキによると立花直次には「某」とある無名の弟がいるとされている。萩尾大学の娘と高橋紹運との間にできた子供のようだ。「筑前戦国史」で有名な吉永正春氏は、
大学の娘はその後福岡市新宮町にて寺を開き、高橋姓を名乗ったと主張されていた。